お気楽な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 竹島への慰安婦像設置の件

<<   作成日時 : 2017/01/19 19:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-00000003-jct-soci&p=1

お互いにいろいろな主張があるのは当然のことです。慰安婦問題については強制があったか否かはさておき、それ自体が繰り返してはならないことであり、韓国人の中に苦しい思いをした人がいることは事実であるし、だから我々は10億円を拠出したのであります。もちろん、金を出せば終わりということではなく、二度と繰り返さぬよう次の世代にも伝えていかなければならないことです。
しかし、国家としては決着がついているはずであるから、両国共に解決させること・再燃させない努力をする必要があると思います。これは政府だけでなく野党の国会議員にも言えることです。

どこの国の国民でも自国の誇りとか民族意識などはあります。けれども経済も大事であるから、他国と軋轢を生む問題は、その問題をなかったことにはしないが今は棚上げにしておくという外交上のテクニックがあり、それによって両国民がより豊かな日々を送れるのではないでしょうか。
今の韓国は大統領がクビ同然で、内政も外交も停滞して経済状況も良くないのではないかと思います。人々の生活にも影響が出てくるのではないでしょうか。つまり、今、竹島に慰安婦像を設置することが明日の生活を豊かにすることにはならないと思うのです。また、今、竹島に慰安婦像を設置しなければ韓国民のアイデンティティが保てないわけはないと思うし、ましてや大韓民国が崩壊するわけでもない。むしろ大統領の権限停止の方が喫緊の問題でしょう。

そういう状況にありながら、野党議員が竹島への慰安婦像設置を言い出すというのは、国会議員として為すべきことの優先順位を見誤っているのではないと思うのです。次の選挙を念頭に話題作り・人気取りをしているのではないか、勘ぐります。
国会議員として自国民の誇りとか独立を唱えるのは大事なことだと思いますが、そのために隣国と軋轢を起こして、貿易や投資を停滞させたり、観光客を減少させたりすることが得策なのでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
竹島への慰安婦像設置の件 お気楽な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる